管理人 硬い便がすぐに柔らかくなりました♪   薬に頼らないコロコロ便解消法

硬い便を柔らかくする3つの方法

水分補給が足りないと便は硬くなる

硬い便を柔らかくする方法の一つ目は水分補給

ただし、水分をたくさんとるだけではダメです。

なぜなら便が硬くなる理由は、水分不足だけではないからです。


二つ目は腸内に便が留まる時間を短くする

便は大腸に到着した段階ではまだ水分が多いのですが、

その後、 腸内に長く留まっている間にどんどん水分が吸収されて硬くなってしまいます

腸の働きが悪いと便は滞留してしまう 長く留まる理由は腸のぜん動運動が微弱な為

腸にしっかり動いて便を押し出してもらう為には、

便意を我慢しない、適度な運動を心がける、
ストレスを解消する
などがあげられます。

三つ目は便の量(かさ)を増やす食べ物を多くとること。

ダイエットで便の材料が減ると便秘の原因に

うんちは食物のカスでできています。ダイエット等で食事量が減ると便秘がちになるのは、うんちの材料となるカスが減るから。

なるべく火を通した野菜類や海藻などを多めに食べ、便の量が減らないようにしましょう。

ただし、便のかさを増やす不溶性食物繊維ばかり摂るのではなく、水分を吸収して便を柔らかくする水溶性食物繊維(海藻や果物に多く含まれる)も忘れずに。

理想的なバランスは不溶性2に対して水溶性1といわれています。

良好な腸内環境がぜん動運動を活発にし、硬い便を柔らかくする

便の硬さは便の移動速度で決まる

ウンチの硬い人の多くは、腸のぜん動運動に問題があり、腸の機能が低下しています。

良好な腸内環境がぜん動運動を活発にし、硬いうんちを柔らかくする

水分やミネラルを吸収し便を作ることが腸の主な働きですが、
腸のぜん動運動が弱いと大腸の中を便が移動する速度が落ちるため、水分が過剰に吸収され、硬くなってしまうのです。

逆に言うと、ぜん動運動を活発化し、うんちの移動速度を上げれば、過剰に水分が吸収されることなく、うんちは軟らかくなるというわけです。

腸のぜん運動を活発化させるためには、腸内の悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌優勢の良好な環境にすることが最重要です

そして、このような良好な腸内環境に改善するためには、
乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維の豊富な食事、ストレス解消などが挙げられますが、

私の一押しは  「ビフィズス菌+オリゴ糖」  です。

私の場合、天然のオリゴ糖を始めて1週間で理想の軟らかさのお通じが自然に出ました♪

今では、毎日、軟らかいお通じが自然とスッキリ出る喜びを実感しています。

オリゴ糖は腸内善玉菌の代表格といわれるビフィズス菌のえさとなって
善玉菌を増殖させ、腸内環境を良好な状態に整えてくれる
のだそうです。

 

天然オリゴ糖販売サイトの体験談フォーラムには、

「バナナみたいな便がスルッと出たときの感動は忘れられません」

「何より、「痛くなかった!!」という息子の言葉が印象的でした」

といった喜びの声が多数寄せられています。

特に、泣き叫びながらの痛々しい排便をしていたお子さんの頑固な便秘が解消した
お母さんの感謝の声が目立ちました。

天然のオリゴ糖はほぼ100%天然成分の健康食品のため、 薬のような副作用もなく
赤ちゃんや妊娠中の方でも安心して口にできる点も魅力のひとつですね。

硬い便を軟らかくし、自然排便を取り戻したい方は、 一度オリゴ糖の体験談を
読んでみてはいかがでしょう。

私は肌荒れも改善しただけでなく、身体も気持ちもすっきりし、
何事にも 前向きに行動できるようになったと思います。

近い将来、あなたも気分爽快な毎日を楽しんでおられることを祈っています。

 

矢印   日本一選ばれている天然オリゴ糖の体験談をチェック

このページの先頭へ